神戸新聞事業社 会社沿革

1959年7月 神戸市葺合区雲井通7丁目 神戸新聞会館内に神戸新聞広告株式会社として創立。
1967年10月 資本金650万円に増資。事務所を神戸市生田区加納町4丁目 但馬銀行ビル4階に移転。
1972年8月 初代社長 松岡源太郎 会長に、光田顕治 社長就任。
1972年11月 株式会社神戸新聞事業社を吸収合併、同社名に変更。資本金1,250万円に増資。
1973年5月 神戸市葺合区八幡通4丁目 神戸新聞別館に本社移転。
1973年6月 資本金2,500万円に増資。
1981年3月 ポートピア’81 共同館「ファッションライブシアター」企画運営。
これを機に、さまざまなクライアントニーズに応える体制強化を図る。
1989年2月 神戸市中央区御幸通4丁目 三宮中央ビル9階に本社移転。
1995年1月 阪神淡路大震災。本社被災により、明石支社に本社機能を移し、当日より営業を継続。
1996年7月 神戸市中央区東川崎町1丁目 神戸情報文化ビル8階に本社移転。
1999年12月 兵庫県下各地で「カウントダウン事業」実施。
2004年1月 震災10周年を迎えて、復興記念事業を年間を通して展開。
2006年4月 地方自治法改正に伴う「指定管理者制度」を受け、明石・大蔵海岸の指定管理者に選定、
同管理運営事業を開始する。
2009年7月 創業50周年。
2010年2月 大阪支社を新たに開設。
2010年4月 明石市立文化博物館の指定管理者に選定、管理運営事業を開始する。
2012年4月 明石・大蔵海岸の指定管理業務を新たに3年間更新。