神戸新聞事業社 個人情報取扱いに関する基本方針

株式会社神戸新聞事業社(以下「当社」)は、高度情報産業・ビジネスに携わる企業の責務として、「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラム」(JIS Q 15001)に準拠した、個人情報の保護に関する基本規程を定め、以下の会社方針に基づき個人情報の保護に努めます。

個人情報保護への取り組み

個人情報保護は当社の社会的責務であると認識し、個人情報保護のための管理体制を確立するとともに、役員および社員に対する適切な教育・啓蒙活動に全社をあげて取組んでいきます。

個人情報保護コンプライアンス・プログラムの策定

当社は、個人情報の収集、利用、提供、預託および管理に関して、個人情報を適切に保護するための『個人情報保護コンプライアンス・プログラム(本方針・個人情報保護規程およびその他の規則・規程を含む)』を策定し、実施・維持・継続的改善を行います。

個人情報の収集・利用・提供

当社は、個人情報の収集にあたり、その情報主体に対し事前に収集目的を明確にします。 また、個人情報を利用する場合、以下のいずれかに該当するときを除き、収集した個人情報の使用や第三者への提供はいたしません。

  1. 情報主体(お客様)の同意がある場合
    但し、承諾・同意を得た場合でも、承諾・同意を得た範囲でのみ使用します。
  2. 個人の識別ができない統計的データとして開示する場合
  3. 法令等に基づき監督諸官庁から開示要求された場合

個人情報の正確性・安全性の確保

当社は、個人情報の正確性および安全性を確保するため、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改竄及び漏洩等、個人情報に関するリスクに対して、合理的な安全対策、必要な是正措置を講じます。

個人情報保護に関する法令およびその他の規範遵守

当社は、個人情報保護に関して適用される法令および行政機関その他が特に定めた規範、ガイドライン等を遵守するとともに、当社コンプライアンス・プログラムをこれらの法令その他規範に準拠・適合させていきます。